痛みを我慢しない|現代病の腰痛を撃退する術

診断
このエントリーをはてなブックマークに追加

対処法と注意点

女性

腰が痛い時の対処法

腰が痛い時の対処法の基本は「安静」です。突然、腰周辺の筋肉が切れたり、急激に伸ばされたりしておこるぎっくり腰は激痛により立てなくなります。そのような時には、むやみに動こうとせず安静が第一です。この時に「ゆらす」「ねじる」「反らす」は厳禁です。次に手当の方法ですが、腰痛発症直後は炎症を抑えるために冷やします。この時には市販の冷湿布を使うのが手軽です。冷湿布が無ければ、保冷パックや冷水を入れたビニール袋をあてがう方法も良いでしょう。その後、痛みが和らいできたら、血行を良くし回復が進むように温めます。この時には市販の温湿布や使い捨てカイロを使うのが良いでしょう。なお、腰痛を温める際には湿気を伴った熱で温めた方が、患部の血行が良くなります。

腰の痛みで注意すること

腰痛が発症した場合に注意すべき点として腰痛の原因が内臓の病気や感染症による可能性があることです。腰痛の場合まずは整形外科に行きますが、痛みが続く場合などは内科の先生に相談することも必要です。特に内臓の病気が原因の場合は、すでに症状が悪化している可能性がありますので注意してください。また、筋肉疲労などによる慢性腰痛は生活改善等で良くなることもありますが、再発と改善を繰り返すような場合は、自分で判断せずに、専門医の診断・治療を受けましょう。思わぬところに悪化の原因があったり、自己流の対処法が間違ったりしている場合もあるからです。腰痛が発症時は、まず安静にして、冷やす、温める対処が必要ですが、動ける状態であれば直ぐに医療機関を受診しましょう。

自覚症状のあまりないガン

病院

肝臓がんには、自覚症状がほとんどありません。早期発見をするには、定期的な検査を受けることが重要です。脂肪肝などが見つかった場合には、生活習慣を改善しないと、脂肪肝が肝炎、肝硬変になり、最終的には肝臓がんになってしまう可能性があります。

More...

男性の患者が比較的多い

女性

食道がんは喉と胃を繋ぐ食道にできる悪性の腫瘍です。喫煙行為、過度な飲酒、辛い刺激物の大量摂取などがリスク要因となります。日本人の食道がんの約九割は扁平上皮がんです。殆どの場合、早期治療で完治するので定期的な健康診断が重要です。

More...

アレルギー検査もできます

カウンセリング

城東区の内科ではアレルギーの診察や検査を行っています。とくに症状が強く出やすい子供の場合には早めの対処が重要となります。内科であれば必要な場合はほかの診療科を紹介することもできるので、受診するかに迷う心配もなくなります。子供にアレルギーの症状がみられる場合は内科で相談しましょう。

More...