痛みを我慢しない|現代病の腰痛を撃退する術

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

アレルギー検査もできます

カウンセリング

国民病とまで呼ばれるほどアレルギーを持つ人が増加しています。アレルギー性疾患は60年代まではそれほど多くありませんでしたが、70年代ごろから急増するようになり現代では3人に1人がアレルギーを持っているといわれています。これほどまでにアレルギー性疾患が増加している原因はよくわかっていませんが、比較的に発展途上国とされる国では少なく先進国ほど多いことが分かっています。アレルギーは外部の物質に対して免疫が過剰に反応することで原因で発症します。アレルギーには花粉症やアトピー性皮膚炎をはじめ様々な症状がみられますが、なかでもぜんそくや食物アレルギーなどは重篤な症状になることもあるので注意が必要となっています。

大人の場合はすぐにアレルギー症状を自覚することができますが、まだ小さな子供はアレルギーを自覚することができないので周囲の大人が注意をする必要があります。食事の後に決まって熱を出したり発疹が出たりする場合や睡眠前に長時間にわたって咳をしている場合にはアレルギーの可能性があります。子供にそのような症状がみられる場合は早めに医療機関で相談しましょう。城東区に住んでいる方で近くに皮膚科や小児科が見当たらず、子供のアレルギーの相談場所に困っている方は内科で相談してみましょう。城東区の内科では子供のアレルギーの診察や治療も行っています。城東区の内科であればほかの病気の可能性も含めた診断とアレルギー検査も同時に行なえるなど、総合的な健康診断を行うことができます。また城東区の内科ではほかの診療科とも綿密な連携を取りながら診療を行っているので、必要があればすぐに別の診療を紹介することもできます。アレルギーの治療はできるだけ早期に始めることが大切です。城東区に住んでいる方で子供にアレルギーの症状が現れた場合は速やかに内科で相談してみるようにしましょう。